活動紹介

ライブ音声ガイド付き上映とは

目の不自由な人と一緒に映画を見る、横浜でそんな取り組みをしているのが私たちヨコハマらいぶシネマです。

目の不自由な人にとって、映像が見えない、画面の文字が読めないということは、映画を見るために大きなバリアとなります。しかし、目の不自由な人の中には映画館で映画を楽しみたい、という人はたくさんいます。

「映画館で、今上映している映画を観たい」

そんな願いにこたえるために、私たちはいくつかの支援を行っています。

画面のようすや字幕などの映像情報を映写室やモニタールームから、同時進行で説明します。これを私たちは「ライブ音声ガイド」と呼んでいます。 マイクを持って映写室からガイドをしている写真
音声ガイドはFM送信機を使って劇場内に電波で送信されます。お客様はそれぞれラジオのイヤホンを使ってこのガイドを聞くことができます。劇場内でラジオの貸し出し(無料)もあります。 ラジオの貸し出しをしている写真
目の不自由な方で駅から劇場までの送迎を希望される方には、誘導ボランティアがお手伝いします。 誘導ボランティアのようすの写真
映画を見た後は、お茶会や食事会があります。ガイドチームとお客様との交流会、今見た映画の感想やガイドチームからの補足説明、またいろんな映画の楽しい話題で時間のたつのも忘れるひと時です。
会員の皆さんにはメーリングリスト、メールマガジンの配信サービスがあります。上映会の作品情報、映画鑑賞のための事前解説などお得な情報をお届けします。
よりよい音声ガイドづくりのために、毎月第2日曜日に音声ガイド勉強会を開いています。見学・飛び入り参加大歓迎です。

日時:毎月第2日曜日 午後1時~3時
場所:みなみ市民活動・多文化共生ラウンジ
(横浜市南区浦舟町3-46 浦舟複合福祉施設10階)
交通:横浜市営地下鉄・阪東橋駅より徒歩5分
※予定変更の場合がありますので、あらかじめご連絡ください。

音声ガイド勉強会のようすの写真

今までに音声ガイド付き上映をした作品はこちら

毎月第1日曜日は音声ガイド上映の日

京浜急行黄金町駅から歩いて5分、シネマ ジャック&ベティでは毎月第1日曜日に上映中の作品から名作・傑作を1本選び、ハマらいぶによる音声ガイド付き上映を行っています。第1日曜日以外にも「恒例ヒバリチャンネル」「飛び込み企画」なども充実しています。

上映作品についてはメーリングリストまたは公式ブログでお知らせします。

シネマ ジャック&ベティへの道順はこちらです。駅からの誘導をご希望される方はメールまたは電話にてお申し込みください。

私たちの活動が各方面で取り上げられました

NHK こんにちは いっと6けん 2012年5月9日「目の不自由な人たちに映画を
タウンニュース 2012年4月5日号「人物風土記 港北区版 ~ 視覚障害者に映画を
タウンニュース 2010年12月2日号「障害者にも映画の楽しみを
神奈川新聞 2010年11月22日「話題作バリアなしで

かながわボランタリー活動奨励賞を受賞しました

「かながわボランタリー活動推進基金21」より平成23年度かながわボランタリー活動奨励賞をいただきました。県の発表はこちらです。

受賞選考理由は次の通りです。
「視覚障害者が見たい映画を劇場で見られるように、幅広くサポートを行いながら、定期的な上映会を継続して開催し、活動内容の充実が図られてきていることを評価する。また、視覚障害者に晴眼者と感動を共有できる場を提供し、映画を通して相互交流を深めていることも評価できる。受賞によって、協力する劇場が増えるなど音声ガイドつき上映が広く普及する効果を期待したい。」